captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

男たちの大和 / YAMATO

反町隆史主演の映画である。

 

戦争礼賛の映画でも、反戦映画でもないと思うが、痛みを感じる作品である。

 

現代、元大和乗組員だった人の娘が漁港を訪ね、大和の沈没海域に連れて行ってくれと頼むところから始まる。

 

大和の戦いについては、色々な映画で再現されている。

 

最後の、菊水作戦時の戦闘シーンは、この作品が一番かもしれない。

 

大和が撃沈されることは、わかり切っているのだけれど、力が入ってしまう。

 

高射砲や三連装機銃で、敵機と対する兵士たちの目線で描いているからか。

 

僅か25億円の制作費で、よく作り上げたものだ。

 

ハリウッドなら、主演俳優のギャラだけで、それくらいいってしまう。

 

それはともかくとして、広島の大和ミュージアムに行けば、撮影時に使用された模型を見ることが出来る。

 

人が、戦争に反対するのは当たり前。

 

ただ、「戦争するか」、「植民地になるか」の二者択一なら、日本人の男なら戦争を選ぶだろう。

 

ラストシーンは、現代に戻っての話になるので、余韻は残らない。

 

連合艦隊」のほうが、よかった。