captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

時をかける少女

筒井康隆の小説を原作として、何度も映画化されている。

 

アニメやテレビドラマにもなっている。

 

その中で、大林宣彦監督、原田知世主演の作品が、原作に近くて違和感なく楽しめる。

 

素朴で、切なくて。

 

ただ、原作を読んでいる人には、どの作品も物足りないだろう。

 

小説を読んでイメージした世界は、実写で作り出すのは不可能だからである。

 

全作品を観たわけではないが、後発になるほど、前作との違いを出そうという無理が出ている。

 

それに、台詞が、日本語として汚い。

 

今風にしようとしているのだろうけど。

 

アニメになると、主人公自体、原作とは変わってしまっている。

 

それでも、吹き替えが下手くそであることに目を瞑り、新たな別の作品として観れば、後発の実写版を超えて、面白い。

 

SFは、ハリウッドみたいに多額の資金をつぎ込むか、アニメにするかだね。