captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ロスト・イン・トランスレーション

ビル・マーレイスカーレット・ヨハンソン主演の映画である。

 

東京を舞台に、孤独を扱ったものだ

 

主人公ビルは、ハリウッドの映画俳優である。

 

彼は、サントリーウイスキーのCM撮影のため、東京に来た。

 

通訳は付いているものの、彼自身、日本語が全く分からないので、疎外感を感じる。

 

妻と子供がいるが、心が通っていない。

 

彼は、同じホテルに宿泊している若いアメリカ人女性と知り合った。

 

彼女は、旦那について来日したのだったが、旦那が仕事に出ているので、日中は独りだ。

 

二人は出会うが、深い関係にはならない。

 

言葉の通じない日本に来て、孤独を癒してくれる「友人」なのだ。

 

淡々とした作品である。

 

僅かな予算と短期間の撮影だったにも関わらず、アメリカではヒットした。

 

個人主義の国であるから、「孤独」が、口に出来ない一つのテーマなのかも知れない。