captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

リオ・ブラボー

ジョン・ウェイン主演の西部劇である。

 

リオ・ブラボーという町の保安官チャンスは、殺人犯ジョーを捕まえた。

 

しかし、ジョーの兄が有力者だったため、町を封鎖されてしまう。

 

そしてチャンス達を包囲して、「皆殺しの歌」を歌うのだった。

 

ジョン・ウェインは大柄で動きが鈍いのだが、そこさえ目を瞑れば、スカッとする作品である。

 

映画を観るのに、意味を考えたり、主張を読み取ろうとしたりする人がいる。

 

映画は娯楽である。

 

面白ければいい。

 

没入することで、人生の疑似体験になる。

 

何年も経てば、実際に体験したのと同じような効果があるだろう。

 

小難しく理屈を考えて観るのではなく、没入しよう。