captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

北京ヴァイオリン

中国の映画である。

 

13歳の少年チュンは、母親の形見であるヴァイオリンを上手に弾きこなしていた。

 

父親は、お金を工面して、北京で行われるコンクールに連れて行く。

 

優勝は出来なかったが、成績はよかった。

 

しかし、音楽院には入学でない。

 

しかたなく父は、教えてくれる師をみつけてきた。

 

チュンは、国際コンクールに向けて、猛練習に励む。

 

父は、実の父親ではなかった。

 

チュンの邪魔になってはいけないと、黙って田舎に帰る。

 

ここから、感動的なラストが待っている。

 

父と子の絆といえば、最近のアメリカ映画の定番だが。

 

こちらの方が惹き込まれるのは、同じアジア人だからか。