captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

パニック・ルーム

ジョディー・フォスター主演の、サスペンス映画である。

 

主人公メグは、離婚した後、11歳の娘を連れて、豪邸に引っ越してきた。

 

前の持ち主だった大富豪が亡くなり、離婚の慰謝料代わりに、夫に購入させたものだ。

 

夜、大富豪の甥が仲間を連れて、強盗に入ってきた。

 

監視カメラで観ていたメグは、咄嗟に娘を連れてパニックルームに逃げ込む。

 

しかし、甥の目的は、パニックルームにある隠し財産だったのだ。

 

甥は、凶暴な仲間を連れてきて、出て行けば殺されかねない。

 

娘は糖尿病で、インスリンが必要なのだが、慌てていたため、部屋に置いてきてしまった。

 

更に続く息詰まる展開が、まさにサスペンス ( 吊り下げられた気分 ) である。

 

ハリウッド映画の脚本は、細かいところまで伏線を張っていて、最後まで違和感がない。

 

邦画だと、「なんでやねん」と突っ込みを入れたくなって、興ざめしてしまうことが多い。

 

どうせ観るなら、最後まで、その世界に没入していたいのだ。