captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アレクサンドリア

レイチェル・ワイズ主演、スペインの映画である。

 

4世紀末、衰えてきたローマ帝国の都市「アレクサンドリア」が舞台だ。

 

主人公の女性は、哲学者。

 

今の哲学者と違い、科学者と言った方が良いだろう。

 

彼女は天体を観測し、いわゆる「天動説」を研究していた。

 

当時は、キリスト教が台頭し、勢力を強めていた。

 

ローマの古くからの神々は、帝国の衰えと共に、信仰が揺らいでいる。

 

そこに、ユダヤ教も絡んで、宗教対立が強かった。

 

「天動説」は、神をないがしろにするものである。

 

それ故、主人公は、迫害される。

 

ここに、恋愛や、思慕、権力などが絡んで、作品が出来上がっている。

 

後味の悪い映画である。

 

今でも「宗教狂い」という言葉がある。

 

新興宗教に狂い、常識を逸脱してしまう者がいる。

 

当時も今も、宗教に狂っている人間のすることは、同じだ。