captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ロックアウト

アメリカの映画である。

 

これも、CIAの凄腕エージェントがヒーローの作品だ。

 

時は、近未来。

 

アメリカ合衆国は、大量の犯罪者を収容する宇宙ステーションを開発した。

 

試験的に500の囚人を送り込み、冬眠させている。

 

人体実験をしているのではないかと疑問を持った大統領の娘が、スタッフと視察に訪れた。

 

囚人の一人を目覚めさせインタビューをするが、囚人にピストルを奪われる。

 

彼は、眠っている囚人達を目覚めさせ、宇宙ステーションを乗っ取った。

 

人質になった大統領の娘を救いに行くのが、主人公である。

 

元CIAの凄腕エージェント、今は、無実の罪で件の宇宙ステーションで眠りにつく刑が宣告されていた。

 

後は、乗り込んで、ドンパチやって、娘を救出して帰ってくるだけの話。

 

宇宙ステーションは爆破され、彼ら以外の生存者は無い。

 

強いヒーローと、我が儘で頭の悪い女性。

 

典型的な、古いタイプのアメリカ映画である。