captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ラストミッション

ケビン・コスナー主演のアクション映画である。

 

主人公はCIAの殺し屋だ。

 

妻と一人娘がいたが、任務の為、5年も家を空けて離婚していた。

 

この映画は、カーチェイス、ピストル、格闘などアクション映画の王道に、「家族の絆」を絡めている。

 

離婚するのが当たり前のアメリカでは、家族が揃って仲良く暮すこと、とりわけ、父と子の絆が、求められている。

 

ヒーロー願望は相変わらずだが、家族愛にも飢えているのだ。

 

そういうことで、この作品も例外ではない。

 

任務遂行中、娘からスマホに電話がかかってきたら、ちゃんと会話をする。

 

凄腕エージェントと優しい父親、これが、アメリカ人には受けた。

 

この作品は、「馬鹿になって観る」ことをお勧めする。