captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

奇跡の丘

イタリア・フランス合作の映画である。

 

「マタイによる福音書」に基づいて、キリストの誕生から、処刑・復活までのエピソードを、忠実に描いている。

 

モノクロであり、雰囲気が出ている。

 

一般に知れ渡っているエピソードや「言葉」ばかりで、退屈な作品である。

 

熱心な信者は、有り難く見るのだろうか。

 

キリスト教も、様々に分派してしまっていて、それぞれ断章取義だから、「そこは正しいが、あれは違う」と批判するのだろう。

 

ともあれ、楽しい映画ではないが、キリスト教の勉強にはなった。