captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

すてきな片思い

アメリカの映画である。

 

原題は「Sixteen Candles」。

 

アメリカの女の子にとって、16歳の誕生日は特別で、スウィート・シックスティーンと呼ばれる。

 

主人公サマンサは、その大事な誕生日を家族に忘れられてしまった。

 

姉の結婚式前日に当たり、両親双方の祖父母がやってきて、てんてこ舞いしていたからだ。

 

サマンサは、上級生に片思いをしていたが、彼女自身は同級生の男の子にしつこくアプローチされている。

 

誕生日の夜は、学校のダンスパーティーへ行くが、片思いの彼と目があっても無視してしまう。

 

彼も彼女が気になっていたのだが。

 

恋のすれ違いを、もっともっと演出してもらいたかった。

 

観ていて、ハラハラもしなければヤキモキもしない。

 

そんなこんなで、騒動があるが、これはアメリカの映画である。

 

最後は、ハッピー。

 

気楽に観られる作品だ。