captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

いつも2人で

オードリー・ヘプバーン主演、イギリスの映画である。

 

夫婦の出会いから壮年までを、小さな事件を交えて描いている。

 

2人は、旦那がヒッチハイクをしたことがきっかけで出会った。

 

この時を含めて、2人の人生を5つの時期に分けて描いている。

 

車が代わることが、2人の成長を示唆している。

 

それぞれ、浮気をしたりしても、結局元の鞘に戻る。

 

年を経ても、2人で車に乗って出掛けるのである。

 

盛り上がりのない、淡々とした作品だ。

 

ところが、ヘプバーンの最高傑作と言われている。

 

日常、良くある話に過ぎない物語だから、リアルに感じられるのか。

 

ただ、興行的には失敗している。