captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

デルタフォース

チャック・ノリスリー・マービン主演の映画である。

 

「デルタフォース」とは、アメリカ陸軍の特殊部隊のことで、公式には存在を認められていない。

 

海軍のシールズと違って、「デルタフォースを派遣する」と公には言わないのだ。

 

それはともかくとして、この作品ではハイジャック犯と対決する。

 

犯人は、イスラム過激派組織である。

 

ちょっと古い映画だからか、実際にそうなのかは知らないが、デルタフォースの隊員達は、ヘルメットを被っていない。

 

いわゆるフルメタルジャケットではないのが、何となく違和感を感じさせる。

 

ドンパチやって、事件を解決するが、メンバーの1人が銃弾に当たって死亡する。

 

敵も同じような火器を使って攻撃している。

 

敵の死者は数十人。

 

デルタフォース側は、2、30人中、たった一人。

 

この辺りも、違和感に繋がっている。

 

最近の映画なら、味方の犠牲者も多く描くだろう。

 

その方が、如何に激しい戦いだったか、そして貴い犠牲の上に正義が守られたことを強調できるし、観客の心に残る。

 

この作品では、救出され家族と再会し喜ぶ人たちと、犠牲になった隊員を囲む兵士達を対比していたが。

 

現代では、受けない作品だろう。