captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ルシアンの青春

フランスの映画である。

 

舞台は、第二次世界大戦末期、ドイツ占領下のフランス。

 

歯医者で、掃除夫をしている17歳の少年が主人公だ。

 

かれは、若過ぎるという理由でレジスタンス運動への参加を拒否された。

 

それで、フラフラと彷徨いているところを、ドイツ兵に捕まってしまう。

 

しかし、ドイツ兵は優しく、酒を飲ませてくれた。

 

酔ってレジスタンス運動について話してしまい、それがきっかけで、ドイツ軍と行動を共にするようになる。

 

祖国を裏切り、レジスタンス狩りに参加するが、優しいドイツ兵達の闇の部分も見てしまう。

 

この作品は、重い、重苦しい。

 

戦争中は、似たようなことがあっただろうが。

 

主人公を少年にしたところが、観た後の、後味の悪さを増強している。

 

しかし、たまには、この様な作品も観ておくと良いだろう。