captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ネイビーシールズ

アメリカの映画である。

 

アメリカ海軍特殊部隊「シールズ」の活躍を描いたものだ。

 

潜入捜査中のCIA工作員が、身元がばれて拉致された。

 

シールズに救出命令が出される。

 

敵地に落下傘で降下し救出に成功するが、工作員が得た情報からテロの危機が明るみに出る。

 

イスラム過激派が、アメリカ国内での自爆テロを計画していたのだ。

 

すでに、テロリスト達はアメリカに入国しようとしていた。

 

金属探知機に引っかからない、樹脂製の小型爆弾をベストに縫い込んで。

 

シールズのメンバーは、休む間もなくテロリスト掃討作戦に出向く。

 

この映画は、アメリカ人が求めるものを体現している。

 

一つは、ヒーロー願望。

 

もう一つは、父と子の絆。

 

現在のアメリカでは、離婚するのが当たり前。

 

父親と子供の関係が、希薄になっている。

 

最近のアメリカ映画では、必ずといって良いほど父と子の結びつきが出てくる。

 

この作品では、シールズのリーダーを通して、この二つを表現している。