captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ボルケーノ

トミー・リー・ジョーンズ主演のパニック映画である。

 

ボルケーノは、火山のこと。

 

この映画は、噴火の恐怖ではなく、流出した溶岩流が町を襲う恐怖を描いている。

 

ところは、ロサンゼルス。

 

主人公マイクは、緊急事態管理局の職員だ。

 

地震が起き、地下の工事で作業員が高熱に晒されて死ぬ。

 

翌日、大地震が起き、マイクは職場に出掛けるが、途中で惨事が始まる。

 

池が爆発し、溶岩があふれ出たのだ。

 

溶岩流が、町を焼き尽くしていく。

 

マイクは、当局に指示を出し、バリケードを造って溶岩をせき止め、ヘリコプターによる注水で固める作戦に出た。

 

それは、成功したが、地下鉄内に流入した溶岩は、冷えることなく流れ続ける。

 

この作品は、「ダンテスピーク」とは別の、ハラハラドキドキが味わえる。

 

人間は、本能的に火を恐れるからだろう。

 

のめり込むことが出来る作品だ。