captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

蛇鶴八拳

ジャッキー・チェン主演の映画である。

 

蛇拳酔拳などと同じく、ジャッキー初期の映画だ。

 

負けて、修行して、復讐するというパターンではなく、ジャッキーは最初から強い。

 

売れる作品の方程式、「友情、努力、勝利」の努力がないから、日本ではパッとしなかった。

 

この作品は、少林寺八流派の長老達が技をまとめた後、失踪するところから始まる。

 

ジャッキー扮する主人公が、奥義書をエサにして、長老達がいなくなった原因の男を捜す旅に出た。

 

奥義書は、誰もが狙うもので、次々に敵が襲いかかる。

 

そして最後に、目当ての男と戦う。

 

若い頃のジャッキー・チェンは、動きが素晴しい。

 

ただ、内容はともかく、アイシャドウを塗って、オカマみたいなメイクが気に入らなかった。