captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

きみがくれた未来

アメリカのファンタジー映画である。

 

高校卒業式の夜、主人公チャーリーは弟をパーティーに連れ出した。

 

会場に向かう途中、交通事故に遭い、弟は死んでしまう。

 

受け入れられないチャーリーは、葬儀の日、弟の幽霊にあった。

 

そして5年、チャーリーは墓守となり、毎日弟に会っていた。

 

そこへ、親友が尋ねてきたのだが、彼は、戦争でなくなっていた。

 

チャーリーには、弟以外の霊も見えるようになっていたのだ。

 

ここから、話が展開していく。

 

諦めた恋人が、ヨットレースに旅立った。

 

海の上にいるはずの彼女がチャーリーに会いに来て、「私を捜して」のメモを残して去って行く。

 

それが生霊だと気づいたチャーリーは、彼女のヨットが遭難したことを知る。

 

そして、救助に向かう。

 

この作品は、感情移入してしまう作品である。

 

そして、子供達にも見せたい映画だ。