captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

リトル・ダンサー

イギリスの映画である。

 

主人公は、11歳の少年ビリー。

 

父と兄は炭鉱で働いている。

 

母は他界し、惚けた祖母との四人暮らしだ。

 

ビリーは、父の勧めでボクシング時に通わされていたのだが、ある日、バレエの練習を目撃した。

 

魅了されたビリーは、バレエを習うが、父も、兄も、許してくれない。

 

それでもビリーは、こっそり練習していた。

 

クリスマス、ビリーが踊る姿を見た父が、彼の才能に気付き、伸ばしてやることを決心する。

 

炭鉱のストを破り、お金をカンパして、ビリーをロイヤル・バレエ学校を受験させたのだ。

 

25歳、ビリーはプロのバレエダンサーとして、白鳥の湖を舞う。

 

この作品は、子供達に観て貰いたい。

 

どんな環境でも、夢を持って、一途に頑張れば、それは実現するのだ。

 

子供達に、いや、大人にも、夢と希望を与える映画である。