captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

王になろうとした男

ショーン・コネリー主演の、冒険映画である。

 

イギリス支配下のインドで軍人をしていた二人の男が、ヒンズークシ山脈を越え、秘境の国へ行く。

 

未開の部族を平定しながら、ついにアレクサンダー大王が造ったとされる幻の都に到達した。

 

フリーメーソンのペンダントを付けていたことから、アレクサンダー大王の息子の再来と見なされ、神として崇められることになった。

 

旅立つ前の目論み通り、王冠を頂き、王として君臨することに成功したのである。

 

大王が残した、膨大な金細工や宝石も手に入れた。

 

しかし、偽りが長く続くものではなかった。

 

全体的に、盛り上がりが少なく、サスペンスもなく、退屈な映画である。

 

原作の小説の方が、面白かった。