captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ガンマン大連合

フランコ・ネロ主演の、マカロニウエスタンである。

 

メキシコ内乱に乗じて金儲けをしている武器商人を、ネロが演じている。

 

彼は、辺りを支配している「将軍」に、武器を売りつけに来た。

 

将軍と言っても、勝手に名乗っているだけで、山賊の親分みたいなものである。

 

その将軍が支配しているところに、革命準備をしていた「教授」が残した金庫があった。

 

金庫は頑丈で破ることが出来ないし、教授は、アメリカで収監されていた。

 

そこで武器商人と、将軍の手下の一人が、教授を脱獄させに行く。

 

それにしても、「ガンマン大連合」とは、安っぽい邦題を付けたものだ。

 

原作は、直訳すると「殺しに行こう、同志達よ」。

 

だから、「野郎ども、殺っちまえ」くらいのものである。