captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

バベットの晩餐会

デンマークの映画である。

 

舞台は、19世紀、デンマークの片田舎の小さな教会だ。

 

亡くなった牧師の娘二人が、慎ましく暮していた。

 

そこへ、家族を殺され、パリから逃げてきた若い女性が、家政婦として住みつく。

 

そして、亡き牧師の生誕百周年を祝う日を迎えるのだが。

 

仲良く暮していたある日、家政婦に宝くじが当たったという知らせが入った。

 

彼女は、百周年を祝う晩餐会の料理を作らせて欲しいと頼み、パリに旅立った。

 

数日して帰ってきたが、そこに大量の食材が届く。

 

彼女は、パリで有名なシェフだったのである。

 

そうとは知らず、グロテスクな食材を見て、おののいてしまった老姉妹は・・・。

 

この後、感動的な結末を迎える。

 

この世で最も大切なものは、人の人との絆であると、この作品は言っているのである。