captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

キー・ラーゴ

ハンフリー・ボガード主演、古い映画である。

 

退役軍人の主人公が、戦死した部下の家族が経営するホテルを訪ねて、フロリダ沖にあるキー・ラーゴ島にやってきた。

 

遺族には会えたが、そのホテルは、ギャングの隠れ家になっていた。

 

そこへ、脱走した囚人を追って保安官が入ってきた。

 

それを、ギャングが撃ち殺す。

 

主人公は脅されて、嵐の中を船で一味を運ぶことになった。

 

そして、嵐に揺れる船上で戦いが始まる。

 

モノクロ映画なので、夜のシーンは、多少見づらいが、それなりの味がある。

 

嵐の夜は、モノクロの方が現実味があるようにも思う。

 

これは、正義が悪を倒すという、単純な作品だ。