captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

沈黙の執行人

スティーブン・セガール主演の映画である。

 

アメリカ軍特殊部隊を引退して、ロシアで便利屋をしていた主人公が、暗殺計画で取り逃がした敵と対決する。

 

ロシアンマフィアが絡んでくるが、今回の標的は、中国の武器商人だ。

 

彼の作品は、いつも同じである。

 

銃を撃つ。

 

撃つのを止めて殴り合う。

 

刃物で戦う。

 

セガールの使う刃物は、日本刀だ。

 

そして、圧倒的に強い。

 

彼には、ピンチがない。

 

ウルトラマン仮面ライダーにでも、危機一髪のシーンがあるのになあ。