captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ボディ・スナッチャー 恐怖の街

アメリカの古いSF映画である。

 

主人公は精神科医

 

自分の住んでいる街に久しぶりに帰ったところ、住民達に対し、何となく違和感を感じる。

 

皆、感情が乏しいのだ。

 

住民は、宇宙からの侵略者によって「複製」されたものに入れ替わっていたのだ。

 

彼は、やがてそれに気付くが、避けようがない。

 

自分の複製も既に作られていて、自分が眠ったら入れ替わってしまうのである。

 

彼は、恋人を連れ、街を逃げだそうとするが。

 

この映画は、宇宙人が出てきて人間を殺したり、家を破壊したりという過激なシーンは無い。

 

宇宙人そのものは、姿を見せないから、返って不気味である。