captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

奇跡のシンフォニー

アメリカの映画である。

 

孤児院で暮す11歳の少年が、主人公だ。

 

彼の頭の中には、いつも音楽が鳴り響き、いつか両親に会えると信じていた。

 

ある日、音楽に導かれるように孤児院を抜け出し、ニューヨークの街を彷徨う。

 

少年の母親はチェリストの卵、父親はバンドマンだった。

 

出会った瞬間恋に落ちたが、一夜限りで、引き離されてしまった。

 

孤児院を抜け出した少年は、音楽を通した出会いで、その才能を開花させていく。

 

死産だったと信じ込んでいた母は、真実を知らされ、わが子を捜し求める。

 

父は、付き合っている娘に振られたあと、引き離された彼女を捜し始める。

 

三人は、無事会うことが出来るのか。

 

シナリオと演出が巧みで、はらはらしながら観ることになる。