captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

サイレント・ランニング

1972年、アメリカのSF映画である。

 

登場人物が4人だけという、リーズナブルな映画である。

 

物語は、地球全体が摂氏24℃に保たれ、病気も、貧困も、失業もない世界になっていた。

 

植物は、ほぼ全滅したが、宇宙船にしつらえたドームで栽培実験していた。

 

その実験が中止になり、ドームが次々に破壊されていく。

 

主人公の植物学者は、命令を無視して仲間を殺し、植物を守るべく逃走する。

 

いわゆる、B級である。

 

半世紀前の「想像力」を垣間見ることが出来る。

 

西暦何年を想定しているのか知らないが、高度な科学技術の描写と、ちゃちな装備とのギャップも愉快である。

 

この5年後には「未知との遭遇」が公開されるのだから、その間の映画の進歩は素晴しいものがある。

 

そう感じる作品だ。