captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

キャスト・アウェイ

トム・ハンクス主演の映画である。

 

全編、ほぼトム・ハンクス1人だ。

 

搭乗させてもらった貨物機が太平洋に墜落し、たった一人、無人島に流れ着く。

 

島でのサバイバル、孤独との戦いが描かれている。

 

バレーボールに顔を描き、「ウイルソン」と名付け、仲間として暮すのだが。

 

ウイルソン」と、国に残してきた婚約者への愛が、生きる気力の源となっていた。

 

ウイルソン」の存在は大きい。

 

自分が同じような目に遭ったら、「ウイルソン」を作ることで生き延びられそうだ。

 

後半、ウイルソンとの別れは、実に切ない。

 

彼は無事に救出されるが、四年の歳月は長すぎた。

 

それでもラストシーンは、ほのぼのと温かい。