captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

インサイド・ヘッド

ピクサーのアニメである。

 

ピクサーの映画は、CGアニメーションの中でも、秀逸である。

 

それだけ、資金が豊富ということだ。

 

この物語は、少女の頭の中。

 

ヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、ヒビリ、イカリ、の5つの感情を擬人化している。

 

それぞれのコンビネーションがうまくいけば幸せで、安全に成長していくわけだ。

 

ただ、「ヨロコビ」は「カナシミ」に対して、偏見があって、閉め出そうとした。

 

ごたごたが起こって、この二人は、楽しい思い出と共に、深層心理の方へ追い出されてしまう。

 

たかがアニメと思うなかれ。

 

熟れたシナリオは、スリルとサスペンションの連続で、目が離せない。

 

素晴らしい作品である。