captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

テラビシアにかける橋

アメリカの、ファンタジー映画である。

 

女兄弟の中でただ一人の男である、少年が主人公だ。

 

一人の妹以外に相手にされず、孤独で空想好きの小学生である。

 

ある日、隣に三人家族が引っ越してきた。

 

少年は、その家女のこと同じクラスになり、仲良くなる。

 

いじめのターゲットになった二人は、放課後、小川を超えて森で遊ぶようになる。

 

そこは、想像上の国「テラビシア」だ。

 

辛い日常を忘れられる、楽しいひとときであった。

 

しかし、少年が先生に呼ばれて森に行けなかった日、悲劇が起きる。

 

少女が、小川を跳び越えるのに失敗し、大雨で増水した川に流され亡くなってしまう。

 

少女の両親が引っ越していく日、少年は廃材をもらって、小川にかける橋を造ることにした。

 

この映画は、泣ける。

 

現実逃避と、幸せな時間が、突然終わる。

 

それでも、少年は生きていかなければならない。

 

最後に、ほのぼのとした暖かさが残るのが、実に良くできた作品である。

 

無邪気な妹も、ストレートに心に入ってくる。

 

子供にも観せたい映画である。