captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

晩年、痴呆症になりかけの頃のサッチャー元首相の、回顧である。

 

「鉄の女」と言われていて、我々日本人は「鉄のような硬い意志」の持ち主だと解釈していた。

 

ヨーロッパでは、その意味もあるが、もう一つ隠れた意味がある。

 

「玄関を鉄格子で守っておかないと、襲撃される」

 

敵が多いということだ。

 

それはともかく、アングロサクソンの女性指導者は、好戦的な人が多い印象がある。

 

サッチャーは、議会の反対を押し切って、フォークランド紛争を引き起こした。

 

メイ首相も、メルケル首相も、同じイメージがある。

 

この映画でも、強い ( 強かった ) サッチャーが描かれている。

 

でも、惚けてしまえば・・・。

 

やめておこう。