captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ミスティックリバー

クリント・イーストウッド監督の映画である。

 

個性派俳優のショーン・ペンティム・ロビンスケビン・ベーコンが、でている。

 

子供の頃、三人が一緒にいるところに見知らぬ男が来て、デイブを連れ去り性的暴行を加えた。

 

この事件がきっかけで、三人は疎遠になる。

 

大人になったある日、ジミーの娘が殺された。

 

捜査を担当するのが、もう一人の幼なじみショーンだ。

 

デイブは、陵辱されたことがトラウマとなっていて、苦しんでいた。

 

事件当日、血まみれで帰宅したため、デイブの妻はジミーに対して「夫が犯人かもしれない」と言ってしまう。

 

ジミーは、怒りに燃え、復讐を果たすが、デイブは犯人ではなかった。

 

真犯人を、ショーンが捕まえたのだ。

 

ショーンは真実を知るが、ジミーを見逃してやる。

 

後味の悪い映画だ。