captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

麦の穂をゆらす風

1920年、アイルランド独立闘争を描いた作品である。

 

イギリス兵によって、少年が殺害されるのを目撃したアイルランド人外科医が、独立運動に目覚める。

 

IRAのメンバーとして活動していたが、イギリスに逮捕され、拷問を受ける。

 

処刑直前に脱走して助かるが、逮捕のきっかけとなった密告者を処刑した。

 

やがて、アイルランドは親英派の自治政府を打ち立てる。

 

元外科医は、それには入らず、独立運動を続けるが、兄は自治政府に入り、対立することになってしまった。

 

そして、悲劇的なラストに向かう。

 

この映画は、重い作品である。

 

見終わった後、心に澱が残るのだ。