読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ネバーランド

「ピーター・パン」の作者ジェームス・バリーが、ピーター・パンの原型となる戯曲を生み出す過程を、実話に基づいて描いている。

 

主人公を演じるジョニー・デップの優しさがにじみ出ている作品だ。

 

物語は、バリーが新作に失敗して、新聞で酷評されるところから始まる。

 

翌日彼は、犬を連れて気晴らしに出掛けた公園で、後に「ピーター・パン」のモデルになる少年ピーターと出会う。

 

ピーターの兄弟たちとの遊びを通して、新しい作品の発想が練られていく。

 

そして、上演は大成功した。

 

しかし、この映画のラストは暖かいが、実に切ない。

 

切ないから、心に残るのだ。

 

さらに、舞台がロンドンなので、使われている「英語」が美しい。

 

本の学校でもイギリス英語を教えるべきだ、というのは余計か。