読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

エレファントマン

ジョン・メリックは、頭蓋骨が前方に張り出し、顔中に腫瘍があって、サーカスの見世物にされていた。

 

母親が妊娠中、象に踏まれて異様な顔になってしまった「エレファントマン」なのだと、サーカスでは宣伝していた。

 

あるとき、彼に興味を持った医者が、引き取って世話をすることにした。

 

医者は、彼のことを白痴だと思っていたが、芸術を愛し、知性も理性もある、普通の人間であることに気付く。

 

この話は、実話を元にしている。

 

実在のメリックの写真も、残っている。

 

感動的な物語のはずなのだが、好奇心が先に立ってしまう。

 

そして、映画で描かれていない彼の人生を、想像してしまうのだ。