captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ロード・オブ・ドッグタウン

1970年代、アメリカ西海岸の小さな街「ドッグタウン」が、物語の場所である。

 

この町で、悪ガキ達を中心に結成されたスケートボードチーム「ZーBOYS」を描いた実話である。

 

主要メンバーの一人、ステイシーが脚本を書き、他のメンバーも演技指導などをしている。

 

スケボーは、現在では世界大会が開かれ、選手の技もアクロバティックで凄いものであるが、映画で描かれているのは初期の初期。

 

今なら子供でもやっているような、いわば「しょぼい」技の演技で、大会が行われていた。

 

仕方がないことだ。

 

公開された当初にして、30年前の昔話だから。

 

それが災いしてか、制作費用の半分ほどしか興行収入がなかった。