読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

名探偵コナン 純黒の悪夢

コナンシリーズ第20作目である。

 

以前の作品は、もう少し推理や謎解きの面白さがあった。

 

大人も楽しめる子供向けのアニメだったのが、子供しか楽しめなくなっている。

 

子供も、楽しいのだろうか。

 

一流の声優陣に混じって、天海祐希が、今回の鍵を握る人物の声を担当していた。

 

話題性のため、客集めのため、俳優に吹き替えをさせることが流行りである。

 

その全てが、違和感のある作品に仕上がっている。

 

天海祐希は、宝塚出身で、女優としては一流であるが、声優としては落第だ。

 

素人が台本を読んでいるように感じた。

 

演技が上手いのと、吹き替えが上手いのとは別なのだ。

 

声優は、声だけで勝負している。

 

表情も仕草も使えない。

 

だから、声による演技を磨き上げているのだ。

 

その人達の中に、素人を連れてくるのは失礼の極みである。

 

お金を払って見に来るお客さまに対して、非常に失礼なことなのだ。