captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

死霊のはらわた

まず、邦題が凄い。

 

きっと、センスの良い人が付けたのだろう。

 

原題は「The Evil Dead」( 邪悪な死 ) といったところか。

 

休暇を過ごすために5人の若者が、山小屋を訪れたところから物語は始まる。

 

彼らは、地下室にあった「死者の書」とテープレコーダーで、モリに潜む悪霊を目覚めさせてしまった。

 

ここから、殺戮が始まる。

 

やがて、若者が反撃に出る。

 

それにしても、えげつない。

 

凄惨なシーンの連続である。

 

小さな子供に見せたら、絶対にトラウマになる。

 

外国のホラーって、なぜ、あんなに凄惨なのか。

 

突然、ドーンと来るところもあるから、心臓の弱い人も観ない方が良いだろう。