captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

死ぬまでにしたい10のこと

カナダのバンクーバー、トレーラーハウスに住む23歳のアンが主人公である。

 

彼女は、清掃員。

 

17歳と19歳の時に産んだ子供、失業中の夫との4人で暮している。

 

彼女は、末期癌が見つかり、余命二ヶ月が宣告される。

 

ショックから立ち直った彼女は、残りの人生でやりたいことをノートに書き出していく。

 

それが10個になり、一つずつ実行していく。

 

自分がいなくなった後のことを考えて、夫を隣の独身女性とくっつけようとしたり、深刻な話題の中に、ユーモラスなシーンも入っている。

 

娘が18歳になるまで、毎年誕生日に送るメッセージを録音する姿は、実に切ない。

 

もし自分が、命の期限を突きつけられたら、笑って死ねるように締めくくることが出来るか。

 

考えさせられる作品である。