captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ミッション

イギリスの映画である。

 

舞台は18世紀南米、現在のパラグアイ付近。

 

既にスペインによって支配されていたが、一つの部族がキリスト教に改宗せず、布教に来た宣教師を、次々に殺していた。

 

その地に出向いた、イエズス会宣教師の物語だ。

 

イギリスの映画であるから、当然、イエズス会を美化している。

 

正義はイエズス会側にあり、反抗する者は悪である。

 

現実には、南米やアジアの諸国を植民地にするために、その先駆けとして送り込まれた、「悪魔の手先」なのだが。

 

それはともかく、アマゾンの過酷な環境で撮影したのは、驚嘆する。

 

映像は、素晴らしい。