読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

渚にて

核兵器を使った戦争で、地球全体が放射能に汚染され、人類が最後の時を迎えている。

 

この手の映画の先駆けである。

 

かつて大気圏核実験が頻繁に行われ、広島や長崎に落とされた原爆の何倍も強力な「水爆」実験まで行われていた。

 

その当時に作られた映画である。

 

北半球が全滅し、人類が生存しているのはオーストラリアだけというところから映画は始まる。

 

やがて、そこにも放射能汚染が広がってくる。

 

現代では、強い放射線でない限り、すぐに死ぬことがないことはみんな知っている。

 

この映画では、汚染が来る前に住民が服毒自殺するのである。

 

極端な話だ。

 

原作に忠実なのだろうけど。

 

やりきれない映画である。