読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

96時間 リベンジ

「96時間」の続編である。

 

前作では、娘を誘拐された主人公が、犯人一味を全員射殺して終わった。

 

殺された犯人の家族が、葬儀の後、復讐に乗り出す。

 

アメリカ人特有なのか、アングロサクソン特有なのか、「敵を殺してお終い」の傾向がある。

 

映画では、犯人や敵を射殺して、全て解決という結末が多い。

 

そして、殺された者の復讐に立ち上がるのは、アラブ人の設定が多い。

 

原爆や空襲で民間人を大量虐殺しても、自分たちは正義だと勝ち誇っていられる、その精神構造を理解できないので、この映画も楽しめない。

 

この映画のように復讐を企て、返り討ちに遭ってしまった者たちの身内は、さらなる復讐を誓うだろう。

 

それにしても、リーアム・ニーソンは、いつまでも元気だ。