captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ツォツィ

イギリスと南アフリカの合作である。

 

日本では高校生くらいだろうか、ツォツィと呼ばれるスラム街の少年の話だ。

 

ツォツィとは、現地の言葉で「不良」とか「チンピラ」の意味である。

 

彼は孤児で、仲間と共にギャングまがいのことをしていた。

 

ある日、満員電車の中で恐喝をしている最中に、仲間が人を殺してしまう。

 

そのことで喧嘩した彼は、金持ちの女性を銃撃し車を奪う。

 

奪った車には、女性の赤ちゃんが乗っていた。

 

連れ去って世話をするのだが、彼は、殺人未遂、強盗、誘拐の凶悪犯である。

 

似顔絵を元に、手配された。

 

最後には逮捕されるが、赤ん坊を抱く少年一人に対して、数台のパトカーで取り囲み、何人もの警官が銃を構えるのである。

 

南アフリカでは、ああなのか。

 

後味の悪い結末であった。