読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アルゴ

映画

実話を元にした、アメリカの映画である。

 

イラン革命の煽りを受けて、テヘランのアメリカ大使館が襲撃され、職員が人質となってしまう。

 

そのとき、占拠される前に六人の大使館員が逃げ出し、カナダ大使公邸に匿われた。

 

この六人を救出する物語である。

 

CIAは、架空の映画「アルゴ」をでっち上げ、テヘランに撮影スタッフに扮装した職員を送り込む。

 

捕まれば射殺される。

 

六人の大使館員は、何の訓練も受けていない。

 

いつ捕まるか分からない、ハラハラドキドキの作品である。

 

映画は娯楽である、という信条の人には、見応えのある作品だ。