読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

キリングフィールド

アメリカの映画である。

 

ポル・ポト政権下のカンボジアを描いたものだ。

 

主人公は、新聞記者である。

 

クメール・ルージュが大量虐殺を始めた頃、国外脱出を謀るが失敗。

 

農場へ送られてしまう。

 

そこでは、意味もなく人々が銃殺されていた。

 

やがて、脱走するが、途中で力尽きてしまう。

 

そこを、別の農場のリーダーに救われて、彼の為に働くが、素性は隠している。

 

カンボジアでは、知識人は全部殺される運命にあったからである。

 

読み書きが出来る、めがねをかけているというだけで殺された人もいる。

 

せっかく隠していたのに、ある日こっそりBBC放送を聞いているところを見つかってしまった。

 

しかし、リーダーはポル・ポト政権に反対していて、自分の子供を彼に託す。

 

やがてリーダーは殺され、主人公は彼の子供を連れて地雷原を逃げるのだ。

 

この映画は、凄まじい。

 

全編に、不安と恐怖が満ちている。

 

共産主義者や左翼思想の者は、この映画は嘘で固められているという。

 

私は、この作品は真実に基づいていると思う。

 

カンボジアでは、数百万人が虐殺された。

 

ポル・ポト政権が倒れ、平和が戻ってきても知識人が全員殺されてしまっていたので、復興が進まないのだ。

 

この映画を観て、カンボジアで何が起きたのかを知ってもらいたい。