読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ジョンQ 最後の決断

アメリカの映画である。

 

主人公ジョンがリストラにあい、パートタイムの従業員へと格下げされる。

 

そんな時、息子が心臓発作で倒れ緊急入院するが、移植しないと助からないと言われる。

 

移植リストに載せる為にさえ高額の支払いが要求され、保険を使おうとするが、リストラの結果、保険も格下げされて使えない。

 

国からの補助も受けられない。

 

切羽詰まったジョンは、患者を人質にとって、病院を占拠する。

 

息子を守りたい一心の彼は、自分の心臓を差し出すべく、自殺を決意するが、、、。

 

父と子の絆を描いた、いかにもアメリカらしい作品である。

 

交渉人と話す主人公が、スナイパーに狙われ続ける、緊迫感のある映画だ。

 

この作品は、正義について考えさせられた。