captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ケイン号の叛乱

アメリカの映画である。

 

第二次世界大戦中、アメリカの老朽化した掃海艇「ケイン号」の艦長と部下の物語だ。

 

ケイン号に新しく就任した艦長が、規律に厳しいだけで無能であった。

 

まともな訓練も出来ず、ちょっとした事件で、部下と対立する。

 

副長をそそのかす奴もいて、艦内は、ぎくしゃくしてくる。

 

そして作戦中に、副長が艦長を拘束し指揮権を奪う暴挙に出た。

 

帰還した後、軍法会議が始まる。

 

叛乱をメインにしたいのか、軍事裁判をメインにしたいのか。

 

裁判が後半にあるから、そちらを重視しているのだろうけど、前半の緊迫感がないから、後味が悪くなっている。

 

原作は、ハーマン・ウォークの「ケイン号の叛乱」で、日本語訳が出ている。

 

この作品は、小説の方が没入できた。