captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

オーロラの彼方へ

アメリカの映画である。

 

タイムパラドックスを扱った、ややこしい映画だ。

 

主人公ジョンが、古びた無線機を使ったところ、特定の周波数で通じた。

 

それが、30年前に火災で亡くなった、消防士をしていた父親だったのだ。

 

何度か通信をしているうちに、漸く事態が飲み込めた二人。

 

そして父に、あの火災の日が訪れる。

 

ジョンの忠告を受け入れ、父は助かるのだが、歴史を変えたことで、別の事件が起きる。

 

タイムパラドックスというのは、難しい。

 

実証することが出来ないし、深く考えていくほどに、訳が分からなくなる。

 

その辺りは、あっさりと観る方が楽しめるだろう。

 

父と子の絆。

 

ハリウッド映画の、王道である。