captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

家族ゲーム

松田優作主演の映画である。

 

コメディーとして作っているのだろうけれど、笑うような場面はなかった。

 

無骨な松田優作が、家庭教師の役を演じているギャップの面白さが、監督の狙いだったのだろう。

 

しかし、太陽に吠えろの「ジーパン」イメージが払拭できていないように思えた。

 

同じもので通してもよかったのではないか。

 

ブラックレインの松田優作は、ピッタリはまっていたのに。

 

ファンなら、こういう映画も許せるのだろう。