captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

シャークトパス

駄作である。

 

正月特番でやっていたので、録画しておいたのを観た。

 

内容は、鮫と蛸のハイブリッドが人を襲うという、SF版ジョーズみたいなものだ。

 

全ての面で、リアリティーがない。

 

吹き替えも、素人みたいな喋り方だったが、元の俳優がそんな感じだから、あえてそうしたのかもしれないが。

 

この様な駄作は、これから映画制作を目指そうという若者には、是非とも観ておいてもらいたい。

 

名作ばかり観ていても、何故それが名作なのか分からない。

 

駄作を観ることで、名作が理解できるのだ。

 

スペース・バトルシップ・ヤマトもそうだが、駄作にも存在価値は、あるのだよ。